スタッフ紹介



スタッフ紹介


代表世話人 CHIKA

埼玉県初のオープンな大宮当事者会(のハズ)です。
何も持たずに参加して、何かを得て帰ってください♪




世話人 コータロー


はじめましてサポーター(及びレクリエーション企画を担当)させて頂いているコウタローと申します。

2013年に発達障害(ADHD)の傾向が強いと診断され、同時に職も失いました。
この一年は、自分の居場所を探すのに必死でした。ボランティア活動に精を出し、
いろいろな活動に参加していくなかで、居場所が見つかったのはつい最近2014年5月から6月にかけてでした。
そして6月には仕事も決まりました。
サピアも仕事も拾って貰ったという意味合いが強く、拾ってくれた方がいい人だったので今は、
仕事とサピアでの活動の両立を目標として掲げ、日々、仕事にサピアの活動に精を出しています。

自分でいうのもなんですが、苦労はしてきたつもりですが、努力は何もしていません。
だから、自分の事を自慢できるような自信等ありませんし、持とうとは思っていません。
「「自信」は、内に秘めるモノ。そして「自信」は、使うべき場面で「意欲」を高める燃料である。外に出すには、「工夫」をしなくては、多くの人から支持を集める事が出来ない。」

逆に「謙虚さは、積極的に出していくべきもの。謙虚になれば、余裕が生まれ、結果がついてくる。
結果がついてくれば周りが認めてくれる。」と考えているので「謙虚さ」を内にも外にも秘めたり、出していくのが自分のスタイルです。
サピアでは、拾って貰っただけでなく、自分のやりたい事をやらせてくれているスタッフの皆さんの為に可能な限り、サポーターという立場で恩返しが出来たらいいなと考えています。
皆さんのニーズに応えられるような企画を皆さんと一緒に考えながら練っていきたいと思いますので応援の程、宜しくお願いします。



アドバイザー 遊思(ゆっしー)


ひきこもり歴:10年
不登校歴:小学2年~
働こうと思ったことがない歴=年齢
年齢:30代
性別:身体性・性自認・性役割:男性、性指向:女性
一人暮らし歴:5年 実家出てから15年
診断名:広汎性発達障害
今の困りごと:とにかくボケてすべりたくて仕方ない

サピアの1メンバーとして皆さんと楽しく交流させていただいております。



サピアは、「共感」と「情報交換」と「仲間」3つを柱とし、当事者に利益を還元する団体だと考えています。
同じ当事者だから経験してきた実体験を元に、

  1. 支援者、家族など当人の周囲の方とは分かり合えない共感
  2. 様々に異なる特性、社会的立場(個人事業主、障害者雇用、ひきこもりなど)に合わせた実際に役に立つ情報交換
  3. 自分の特性を言わなくても(説明しなくても)相手が分かってくれる仲間のいる場所

を作り出します。また

  1. 当事者の役に立ち貢献したい/自分も当事者会を立ち上げたい
  2. 他の当事者会、支援者、親の会などと連携し自身を向上させたい
  3. 様々な困りごとを一人で抱え込まずお互いの利益になるようより強く深く「自助」をしたい
という方々にもお答えしていければと考えています。




アドバイザー おにおん


初めてお会いする方たちへ

 こんにちは、『おにおん』と申します。
僕は、発達障害とわかってから、3年くらい「どうしたらいいのか?」よくわかりませんでした。
でも、生まれて初めて自分の事を振り返る事の『きっかけ』をくれた発達障害に悪い気持ちは持っておりません。
 では、発達障害とは何か?幾度も講演会の会場へ行き、お金を払った割には心のどこかに納得できなかったり、自分に合わなかったり、最後の質問を200人くらいいる会場で手を挙げて質問することができなく…結局、自分の思いや考えを言えずに路頭に迷っていた時、当事者会に出会いました。
当時は、働く事すらできず、交通費も出すのが辛かったです。それでも、当事者会に行って、『自分の思い』がやっと言葉にできたり、それよりも声にして言えた事がうれしかったです。講演会では、得られない事がたくさんあって、行って良かったと思いました。

 もしいまこれを読んでくれている貴方が、当事者会に足を運んで、交通費など出してきてもらってお話しできたら、それだけでも僕はうれしいです。そして、貴方もうれしくなってくれたら、『もっとうれしい!』です。
て帰ってください♪




アドバイザー KG

平成22年にアスペルガー症候群と診断を受け、
平成25年から当事者会に参加し始め、
当事者の方から教わった事で人生が変わり、
その経験を当事者会で支援してきた結果、
平成27年よりサピアアドバイザーとなり、
平成28年より心理カウンセラー、
キャリアカウンセラーとしても活動しております。

よろしくお願いします。


サポーター ゆっくりお


1人くらい、かきくけこ作文で自己紹介をする
ゆるいスタッフがいてもいいのかな、と思って書きました。

か:漢方薬やカラオケ、カレーなどの食べ歩きに関心があります。
き:緊張しやすいですが、出会う人の知識、体験、行動などから一つでも気づきを得られればと思います。
く:苦しさや生きづらさを減らし、軽い喜びをもつことを一緒に考えていけたらうれしいです(*^^*)
け:結婚観というかパートナー観はまだまだ模索中・・・
こ:こんなスタッフがいるサピアですが今後ともよろしくお願いします!




サポーター タコ


ADHD不注意優勢型&ASDと診断され様子を見ている者です。
当事者会で色々な方とお会いしこの会がより良いものになる為やれる事はやっていきたいと思います。
発達障害と診断されまだ日が浅くまだまだ勉強不足の点も有りますがその点は大目に見てもらえると助かります(^○^)
お会いした際は気軽に声をかけて下さい。

《話し掛けるのが、少し苦手です》

趣味は温泉旅行『乗り鉄かなf^_^;)






サポーター コッチ



サポーターのコッチと申します。

椅子に座ってさえいられなかった多動な幼少時代を過ごし、
フリースクールに通いひたすら絵を描いていた学生時代を経て、
二十代にさしかかるあたりから自律神経失調症と鬱に悩まされ、
職業経験を積むに従って社会への適応の困難さを抱えて今に至ります。

日々の生きづらさや仕事上の困難から医療機関を受診し
広汎性発達障害と診断されました。
診断が下りたどころで、仕事や恩恵に与ることの出来る公的支援など右も左も解らない状況でしたが、サピアに参加し、
サピアの皆様に相談できたことでよりスムーズに適切な医療や支援にコネクトする事ができました。

自分の障害について考えるにつけ、
個人個人やその人の個性を認め合って行くの事の楽しさを感じています。

※ごくごく軽度ですが相貌失認気味で人の顔を覚える事が苦手です。
 何か失礼があるかも知れませんがご容赦ください。



サポーター オバタ


サポータさせて頂くオバタと申します。
よろしくお願いします。

症状:アスペルガー/ADHD
障害自覚:2016年3月
年齢:20代後半
職種:設計・雑務(なんとか継続中)
苦手な事:効率良い行動、項目の多い内容の整理



[好きな○○]
趣味:(海外)旅行/カラオケ/節約(倹約ともいう)
考察:効率・コスパをどう良くするか、健康寿命
お金の使い方:経験(※苦手分野は手を出さない)
言葉:好きに生きたらいいんだよ。だって、君の人生なんだから。byジョン・レノン
漫画:寄生獣/ハンターハンター


幼児は無口、年少の頃からは活発・天然ということで通っていました。
18才の頃にバイトクビやコミュニケーションで落ち込んで腎炎になってからは、病気になるのは勿体ないと思い、欠点は長く深く考え無くなりました。
社会人になり笑いで済まない事が多くて他人に迷惑かけてることに困ってました。入社6年目にして自分の対応に悩まされていた先輩がアスペルガーに気付いて発覚しました。

自分が発達障害とわかって、で何するのか、考え方がわからない、本にしか相談できなかった時に、サピアにはお世話になりました。
参加者から色んな生き方・考え方・工夫を伺えたことは勉強になり気持ちの助けとなっています。

皆さんと話し合える場所作りのサポートができればと思います。